リフォーム

リフォームができない場合もある!その理由とは

投稿日:2017年3月13日 更新日:

テスト

ca072c8637a3bea1975ff983525b6f1d_s

■リフォームができない!?

もし戸建住宅の場合、建築確認申請や工事完了届が無届の住宅だと危険があります。
新築のときは何も問題がないように思いますが、増築などの大きな工事でのリフォームは基本的にできないのです。
さらに、家を中古物件として売買しようとしても、なかなか売れない可能性もあります。三重県でリフォーム、特に古民家を行う場合リフォームできないという注意点を最初に把握しておく必要があります。

一方、マンションの場合、直床・直天井仕上げの物件は給排水や電気配線といった設備配管がコンクリートに埋まっている場合があります。
そうなると照明やキッチン、浴室といった水周りの位置のリフォームは難しい可能性があるのです。

■戸建住宅でリフォームができない場合

マンションよりリフォームの自由度が高い戸建て住宅ですが、法律上の規制があり、それによりリフォームが施せない場合があります。

・増築
増築は、敷地や建物の法規制での範囲内であれば可能です。
その法規制は次にものになります。
・敷地に対する建築面積や延べ床面積の制限
・斜線制限や日影規制などにより、屋根の高さや配、建物の形の制限
・隣家の土地との境界線、道路から一定距離をとる制限
・防火・準防火地域の場合、建物の構造や材料は燃焼しにくいものを使用する制限

テスト2

・間取変更
構造上の都合で取り外し不可能な壁や柱を移動したり、穴を開けたりすることはできません。
構造体となる壁が多い工法も存在するため、家の工法により間取変更での自由度は変化します。

・玄関やサッシ、窓ガラス
防火・準防火地域の場合、防火性能の基準を満たした玄関度や、サッシ、窓のみの変更が義務付けられています。

■マンションでリフォームできない場合

・間取、水周りの変更
空間を仕切る壁の切り取りや設置は可能ですが、構造体となる壁の移動や穴を開けることは、戸建てと同じく不可能です。
また、水周りは給排水管や換気扇と一緒に変更するため、床下や天井に十分か空間がないと大きな移動はできません。

・床材、玄関、サッシ、窓ガラスの変更
カーペットや畳からフローリングへの変更や、管理規約の制限によって変更できない場合があるので、事前確認が必要です。
また、玄関やサッシ、窓ガラスは共有部分であるため、リフォームはできません。
しかし、管理規制で指定のサッシや窓ガラスの変更はできる場合もあるので、事前に確認しましょう。
2重サッシや玄関の内側を塗り替えることは可能です。

テスト3

-リフォーム
-, , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

三重県でリフォームをする時の流れ~施工中・施工後~

テスト リフォームのプランニングを行い、さらに施工の契約を結んだら一安心してしまう方も多いでしょう。 しかし、まだまだやることや確認することなどはたくさんあります。 今回は、そんなリフォームをする時の …

no image

リフォームをする時の流れ~計画・準備~

テスト リフォーム時には必ずしっかりとした計画を立てることから始める必要があります。 計画がうまくいかないと、仕上がりであったり資金面で失敗してしまう恐れがあるので、必ずプランニングを行うようにしまし …

no image

リフォームでも使える補助金や助成制度を活用してお得にしよう

テスト ■リフォームにもたくさんある補助金制度 住宅に関する補助金や減税といった制度は、不動産からの土地・住宅購入だけではなく、リフォームでも適用されるものがあります。 例えば「三重県に住む両親の介護 …

no image

リフォームの流れ~調査・見積もり~

テスト リフォーム前に必要な計画立て以外にも調査や見積もりが重要になります。 また、見積もりに納得がいけば契約となりそのまま施工へと移っていくため、とても大切な部分となります。 では、この頃はどのよう …

no image

リフォームではどんな税金が掛かってしまうのか

テスト ■リフォームでの税金について リフォームでは費用や諸経費がかかりますが、実はあまり知られていないのが税金です。 それにより予算オーバーとならないためにも、どんな税金があるのかを理解しておきまし …