リフォーム

リフォームではどんな税金が掛かってしまうのか

投稿日:2017年3月7日 更新日:

テスト

一戸建てを建てようと考えている方へ-左㈪

■リフォームでの税金について

リフォームでは費用や諸経費がかかりますが、実はあまり知られていないのが税金です。
それにより予算オーバーとならないためにも、どんな税金があるのかを理解しておきましょう。
では、重要な税金の一部をご紹介します。

・印紙税
請負契約書では、記載された金額に応じて「印紙税法」の基づいて収入印紙を貼らなくてなりません。
契約額が300万円以上500万円以下なら2,000円、500万円以上1,000万円以下なら1万円の税金がかかります。

・登録免許税
抵当権を設定する有担保型のリフォームローンを使う場合、法務局に抵当権設定登記をする必要なので、そこで税金がかかります。
その額は借りる額の0.4%です。
1,000万円をローンで借り、抵当権を1,000万円と設定する場合、4万円の登録免許税がかかるということになります。

・不動産所得税
リフォームで増築を行った際に家屋の価値が上がった時、不動産所得税の課税対象となってしまいます。
増築後の床面積が50㎡以上で240㎡以下の家では1,200万円まで控除適用で、240㎡以上の家は課税対象です。
その金額は増築した部分の評価額×3%となります。

テスト2

・固定資産税
不動産所得税と同じく、増築して固定資産の価値が上昇した時、その分の固定資産税が発生してしまいます。
固定資産税を評価する調査で増築部分が評価され、次年以降になると税金が増税されるのです。

・贈与税
両親から費用援助、または親名義の家を子どもが自費でリフォームした時など、住宅所有者以外がリフォーム費用を負担した場合に発生する税金です。
基礎控除での110万円を超える贈与では、金額に応じて課税されます。
事前に所有者を変更する、登記割合を変更して負担の割合に応じた登記内容にすると発生しません。

■減税制度を活用する

リフォーム内容によって減税制度が適用されるものもあるので、事前に調べておくと良いでしょう。
では、減税制度の一部をご紹介します。

・耐震リフォームでの減税制度
一定の耐震改修を行った場合、固定資産税、所得税、贈与税、登録免許税の減免制度が適用されます
1年間を限定に固定資産税の支払い額が1/2、所得税は基準額×改修面積の10%相当の額で上限200万円が減免されるのです。
贈与税では満20歳以上の人が直系尊属より資金の贈与を受けた時に免税対象となりますが、110万円の基礎控除+契約年数に応じた額までは非課税です。
登録免許税では条件を満たすと、抵当権設定額を0.4%から0.1%までえ下げることができます。

・バリアフリー化リフォームでの減税制度
耐震リフォームと同じ減税制度が適用されます。
固定資産税では、翌年度分の100㎡相当分までの固定資産が1/3となります。
そして所得税は基準額×改修面積の10%相当、上限は200万円ですが、太陽光発電の設備設置を行った場合は上限550万円が減免です。
三重県でリフォームを行う際もこの制度が適用されますが、施工を行う工務店の腕しだいで多額になる場合がありますので、評判はしっかり押さえておきましょう。

テスト3

-リフォーム
-, , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

リフォームでも使える補助金や助成制度を活用してお得にしよう

テスト ■リフォームにもたくさんある補助金制度 住宅に関する補助金や減税といった制度は、不動産からの土地・住宅購入だけではなく、リフォームでも適用されるものがあります。 例えば「三重県に住む両親の介護 …

no image

リフォームの流れ~調査・見積もり~

テスト リフォーム前に必要な計画立て以外にも調査や見積もりが重要になります。 また、見積もりに納得がいけば契約となりそのまま施工へと移っていくため、とても大切な部分となります。 では、この頃はどのよう …

no image

リフォームをする時の流れ~計画・準備~

テスト リフォーム時には必ずしっかりとした計画を立てることから始める必要があります。 計画がうまくいかないと、仕上がりであったり資金面で失敗してしまう恐れがあるので、必ずプランニングを行うようにしまし …

no image

リフォームができない場合もある!その理由とは

テスト ■リフォームができない!? もし戸建住宅の場合、建築確認申請や工事完了届が無届の住宅だと危険があります。 新築のときは何も問題がないように思いますが、増築などの大きな工事でのリフォームは基本的 …

no image

三重県でリフォームをする時の流れ~施工中・施工後~

テスト リフォームのプランニングを行い、さらに施工の契約を結んだら一安心してしまう方も多いでしょう。 しかし、まだまだやることや確認することなどはたくさんあります。 今回は、そんなリフォームをする時の …