住宅ローンの種類

住宅ローンにはどんな種類があるのでしょうか

投稿日:2017年3月13日 更新日:

テスト

住宅ローンとは、住宅を建てるために利用するローンのことをいいます。
近年で多いのは、銀行ローンとフラット35が主流になってきていて、住居するための土地や建物を担保に借入れるシステムとなっています。
借入れには審査というものがあって、誰でも住宅を購入するためにお金を借りられるとは限りません。
伊賀市で不動産(住宅や事務所など)を購入しようと考えている方も例外ではありません。
事前に住宅ローンの特徴を知っておくと資金計画などもしっかりたてられるでしょう。
ここではローンの選び方のポイントとしてどんな種類や特徴があるのか説明していきます。

c081e45d8bd710fba7db3c2de7f4d3d4_s

■銀行ローンとは

信託銀行や信用金庫などの金融機関が扱っている住宅ローンのことをいいます。
金融機関によって金利タイプは様々です。
例えば変動金利型、固定金利選択型、全期間固定金利型などがあり保証料の有無や手数料も違ってきます。
借入れた後の繰上返済もよく耳にすると思いますが、この利便性もそれぞれです。
1万円くらいの小額でも可能であったり、自動的に毎月繰上返済してくれる機能があったりするサービスがあります。
それぞれの金融機関の特徴をふまえた上で借入れするとよいでしょう。
また、銀行ローンに関しては以下のように資金使途が限られているので注意してください。

テスト2

・住むための住宅購入、建築するための資金
・住むための改築・増築資金
・住宅ローン借換えのための資金
・諸費用(住宅購入のためのもの)

■フラット35とは

最長35年間金利が一定に固定されている住宅ローンのことをいいます。
民間金融機関が貸し出した住宅ローンを住宅金融支援機構が買い取ったものを担保として債券を発行するシステムになっています。
銀行や、住宅ローン専門会社ではモーゲージバンクも取り扱うようになり、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携するようになりました。
これは新築のため以外でも借換えにも利用できるように提供されています。
内容としては、どの金融機関でも同じようになっていますが、やはり金利は異なります。
事務手数料が定額制だったり、借入金額によって所定率をかけた金額だったり様々です。
一番わかりやすい特徴としては、借入期間が20年以下か21年以上かで金利が分かれるということではないでしょうか。
20年以下の借入期間であれば金利も低くなります。
「フラット35S」という制度は、金利の引き下げを受けることができる制度で、その対象住宅となるのが省エネルギー性や耐震構造の条件を満たしている場合に適用されます。

このように住宅ローンには借入期間や金利タイプなどいくつかの種類が用意されています。
ご自分の資金計画に合わせて無理のない住宅ローンを選択するのがポイントになってくるのではないでしょうか。

テスト3

-住宅ローンの種類
-, , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

no image

住宅ローンと予算

テスト 一言で「住宅ローン」と言っても、その内容やタイプなどは様々なものがあります。 その中から自分に合った住宅ローンを選ぶことで、しっかりと無理なく支払いを行っていくことができるでしょう。住宅ローン …