審査のポイント

住宅ローン審査のポイントとは

投稿日:2017年3月13日 更新日:

テスト

三重県に限らず、住宅ローンを借り入れる場合、必ず事前審査を受けて通ったら本審査に移るのですが、事前審査の段階で落ちてしまう人もいらっしゃいます。
では、この事前審査に落ちないようにするために、審査はどんなポイントを重視しているのでしょうか?

注意すること-左㈰

■審査のポイント

銀行などの金融機関が重視する審査基準は以下のポイントとなります。

・ローンを完済した時の年齢
・返済負担の割合
・借り入れした時の年齢
・担保の評価
・借入者の健康状態
・勤続年数や年収

これらのポイントを見ているため、例えば大企業に勤めていて年収が高かったとしても、審査基準に当てはまらないものが多ければ住宅ローンを借り入れできない可能性も少なくありません。
金融機関側としては、将来に不安がある人に貸すよりも、毎月少しずつでも安定して返済してくれる人を選ぶのです。
特に健康状態に関しては、審査基準の中でもかなり重要なポイントになってきています。
例えば若くて年収も多い方であっても、糖尿病などの慢性疾患になっている場合は団体信用生命保険(団信)に加入できない可能性があり、このことから住宅ローンの審査にも通らない可能性がでてきます。

テスト2

■ローンの事前審査を通るためのポイント

住宅ローンの事前審査を通過するためには、上記のポイントに気を付ければ良いのですが、だからと言ってすぐに年収を上げたり年齢を変えることは出来ません。
ですが、今からでも遅くない通るためのポイントがあります。

一つは借金を全て完済させるということです。
消費者金融に借金をしている場合、完済しないと住宅ローンの事前審査を通過するのは難しいです。
必ず全て完済させてから住宅ローンの審査を受けるようにしましょう。
二つ目はクレジットカードやカードローンの整理です。
使用していないクレジットカードやカードローン専用のカードを持っている場合は必要なものを除いて全て解約してしまいましょう。
クレジットカードやカードローンは、審査で利用限度額を合わせて負債にみなされてしまいます。
負債を作らないためにも、カード類は整理するようにしましょう。

三つ目は夫婦で年収を合算させるという点です。
評価額に対して年収が少ないということで、ローン審査を通らないというケースがあるかもしれません。
そのような場合は、共働きしている夫婦は年収を合算させて借り入れを申し込んでみましょう。

もしも住宅ローンの審査に落ちてしまっても、違う金融機関では審査を通る可能性があります。
一つだけ受けてダメでも諦めず、いくつかの金融機関で審査を申し込んでみましょう。
また、伊勢市では抽選会付きのモデルハウスの販売イベントなどに、こういったことに詳しい人も出席している場合があるので、アドバイスをもらいに訪れることも有効です。

テスト3

-審査のポイント
-, , , , , , ,

執筆者: