設計のポイント

家事が楽になる!各スペースの設計をする時のポイント

投稿日:2017年3月14日 更新日:

テスト

家の中では家事を行いますが、三重県の家づくりにおいて家事の作業効率をアップさせるためのポイントがいくつかあります。
こちらでは不動産失敗例を参考にして、家事を楽にさせる各スペースの別荘設計ポイントをご紹介していきましょう。

55bab37b5c56c23da04beb459adfa6e1_s

■玄関、階段・廊下など

玄関、階段や廊下など、一見家事とはあまり関係のない場所も、作業効率をアップさせるためには重要なポイントとなります。
例えば、玄関の風通しがあまり良くないせいか、ニオイが気になったりカビが発生するようなことになれば、掃除をしなくてはいけない時間も増えてその分他の作業が遅れてしまいます。
また、靴箱の他に収納スペースを作っていなかったせいで自転車やアウトドア用品を置くことができず、整理に時間がかかってしまうこともあります。
階段は勾配が高すぎて上りづらかったり狭すぎて洗濯カゴを持って2階まで行くのが面倒ということもあったり、廊下にコンセントを設置していないことで掃除機がかけられないということも考えられます。
これらのことから、玄関にはある程度の収納スペースを確保したり、階段は自分だけで上がるときではなく、荷物などを持った状態でも上がりやすい階段に設計することが大切です。

テスト2

■キッチン

キッチンは家事を行う上で最も効率の良い環境を作ることが大切なスペースとなります。
しかし、広いキッチンに憧れて6畳のキッチンを作っても、歩く距離が長すぎて逆に効率が悪くなってしまったり、家族が手伝ってくれるようにコの字型キッチンを作っても、スペースが狭すぎて結局一人で作業することになったりと、設計段階で失敗してしまう要素はたくさんあります。
そのため、流行に流されず、自分が使いやすいものを採用していくべきでしょう。
キッチンは特に憧れの部分が出やすくなるため、憧れの部分と自分が使いやすい部分の両面が出るととても使いやすく満足できるキッチンとなります。

■浴室・洗面所

浴室や洗面所には洗濯機が置かれることも多く、その分のスペースを設けている方も多く見られますが、実は失敗点が多いスペースでもあります。
例えば、洗面室に洗濯機も置いてあるのに収納スペースを作っていなかったため、タオルなどを収納するための収納棚を後付にしたら空間が狭くなってしまったり、収納スペースを作ったのに収納棚の扉と洗面室の扉が当たってしまって開きづらいなどの問題点が挙げられます。
そのような失敗を防ぐために、メンテナンスが十分に行えるスペースの確保やある程度の収納スペースを確保することが大切です。

テスト3

-設計のポイント
-, , , , , ,

執筆者: