間取り決め

家具の配置と間取りの関係を知っておこう

投稿日:2017年3月13日 更新日:

テスト

住み始める前に窓や、壁の位置などをシュミレーションして考えていたものの、実際住み始めてみると家具配置が難しくなることも失敗例にはよくあげられます。
ここでは、三重県・津市・久居での家具のレイアウトと不動産の間取りの関係について考えていきましょう。

ca072c8637a3bea1975ff983525b6f1d_s

■人の動きに注目する

家具の配置はとても重要で、暮らしやすさを左右します。
家づくりをする前に家具選びや配置を考えずに収納や窓の位置だけを考えていると後々家具配置に悩んでしまうことになるでしょう。
自由にプランニングできる段階で、家具選びも並行して考えていくことをおすすめします。
家具の基本的なレイアウトをご存じでしょうか?
家の中では、料理をするためのキッチン→ダイニング、洗たくをするための洗面台→ベランダ(物干部屋)など、暮らしには移動の流れが常に入り混じっています。
この動きに注目して効率よく間取りを考えることを「動線計画」と呼んでいます。
家具や住居人の動きを邪魔してしまったり、遠周りしなければいけないようでは大きな負担になってしまいます。
家具を配置するということは、居住場所をつくることを意味しています。
もしも部屋が狭くて配置に困るという時は、家具を絞りこんで考えることもポイントです。
ソファの横には常に使うメガネやお茶などを置いておけるように、小さなサイドテーブルを置くなど心地よい空間にするために家具の配置を考えましょう。

テスト2

■家具は使うための動作寸法も必要

人が動作するのに必要な寸法のことを「動作寸法」と呼んでいます。
これは、普段引き出しを開けたり、椅子を引いたりする時の家具を使うためのにどれくらいの寸法が必要かということです。
家具のサイズだけで間取りの寸法を測ってしまうと、部屋の中の動作がしずらく暮らしにくい部屋になってしまうでしょう。
開閉などのスペースをしっかり判断して、家具配置を考えましょう。

■配置には左右対称のラインを

家具配置は実は体の骨格とよく似ています。
部屋の骨格がしっかりしていれば、部屋の空間はスッキリとして見えるのです。
ここで基本的なものになってくるのが、「左右対称」にするという特徴です。
様々な家具を無造作に置いてしまうと、どうしてもゴチャゴチャしたイメージになってしまいます。
軸ライン設定して家具配置すると、同じ空間でもとても片づいた印象になるのです。
収納に関しても、左右対称に収めると多く収納できて安定感も出てきます
住居の中では、子どもが誕生し成長するにあたり家具や増えたりすることが考えられるでしょう。
窓を大きくとれば明るくなるといったメリットもありますが、壁面が狭くなってしまうので家具を置くスペースが少なくなってしまうという難点が出てきます。
このように家具配置に困ってしまう間取りにならないよう、不動産屋とのプランニングの際にはコンセントの位置や、窓の位置などしっかりイメージしておくことが重要になってきます。

テスト3

-間取り決め
-, , , , , , ,

執筆者: