間取りの決め方

家族が描く理想の住まいによって変化する間取り

投稿日:2017年3月14日 更新日:

テスト

家を建てたいと考えた時、まず何から考えたらよいのか、決まった形式は存在しません。
ですが、多くは家族構成から何部屋必要なのか、それに合わせて家全体はどれほどの広さが必要なのか、という部分を最初に考えるでしょう。
そして、次に考えることが家のレイアウトです。
日当たりや眺めが良い位置にリビング・ダイニング、キッチンの配置を希望するケースは多いと考えられます。
和室はリビング横、または独立している部屋として配置するという風に考えるはずです。

■個室でのレイアウトの重要性とは

基本的なレイアウトが思いついたら、次は個室の配置を慎重に考えてみましょう。
個室を挙げるとするなら、寝室や書斎、子ども部屋などです。
特に子ども部屋を個室とする場合は、その配置はとても重要になります。
なぜならば、子どもの動きが住まいでの家族成形に必要な要素の一部となるからです。
例えば子ども部屋を玄関から直接結ぶような動線で考えると、子どもが家に帰ってきた時に、親と顔を合わさずに部屋へ入ってしまう可能性があります。
さらに、子どもが友達を連れてきたことにすら、親が気付かないことも想定できるでしょう。
子どもにある程度の独立心や主体性を持たせることも必要ですが、階段を配置する時は、その点も深く考えながら決定することが望ましいです。

b3b1ac18ea48755d58cb1c526bf47858_s

テスト2

■間取りでは家族の絆を重視

家族の絆を深める間取りにしたい時は、家族全員ができる限り長く生活に関わる動線を考えることが大切です。
簡単な例ですと、外出や帰宅、就寝、起床時は家族が集まるリビング・ダイニングを経由する間取りにすれば、自然と家族が顔を合わせる時間が増えます。
顔を合わせることでちょっとした変化にも気付くことができ、何より家族に見守られている安心感や家族を大切にする気持ちが高まるでしょう。

■家族が一体となる間取りとは

家族が一体となる間取りとして有効なのが、家族団らんの場所であるリビングに面した個室を配置、完全な個室化にしないで家族の気配が分かる造りに工夫することも良いでしょう。
最低限のプライバシースペースだけを個室化し、それ以外はワンルームにする間取りも家族を一体にさせて絆を深めるプランと言えます。

三重県の南牟婁郡でどんな住まいを理想にするかにより、住まいでの動きも変わります。
例えば両親と一緒に机で勉強ができる「家族の勉強部屋」、いつまでも仲良くいられる「夫婦円満のプラン」、高齢者がいても安心な水まわりと寝室の動線を重視した「介護プラン」など、理想の家族像を考え、それを不動産・建築会社や設計士へ伝えて相談し、家族を思いやる住まいづくりを実現しましょう。

テスト3

-間取りの決め方
-, , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

間取りプランの前に敷地制約を把握し家のイメージを考えよう

テスト 新築づくりでは、どんな家にしたいかイメージしている時間が最も楽しい時間と言えます。 名張市の不動産情報を確認してから家を作ることになりますが、家づくりでは家族全員で希望を話し合い、住宅のイメー …

間取りに迷ったらコンビニのレイアウトを参考にしてみる

テスト コンビニから見つける間取りレイアウト 住まいは玄関、廊下、リビング、キッチン、寝室、浴室、トイレなどそれぞれ異なる機能を持つ部屋が集まる建物です。 そして、各部屋に求める広さも家族によって異な …

意外と気づかない動線・配線計画の落とし穴

テスト 三重県・多気市で生活しやすい空間をつくるために何度も計画を練り直して考えた間取りでも、実際に住んでみたら不自由に感じてしまうことも多いでしょう。 中でも動線・配線計画(コンセントやスイッチの位 …

希望の間取りや設備を考えて理想的なマイホームにしよう

テスト 部屋の名称にこだわらずどんな空間にしたいが重要 間取りづくりでは、リビングやダイニングなどの固定観念から一度離れてみましょう。 「家族との憩いの空間」「友人がたくさん集まれる場所」など、その空 …

不便を感じた部分を挙げていくことで快適に変わっていく

テスト 不便の中には快適へのヒントがある 一戸建てや賃貸の住宅の間取りを考えたときに、頭では色々と考えていても実際に組み合わせておくとうまくまとまらないことも多くあり、また家族構成や場所によっては間取 …