正しい見積り方法

正しい見積りをもらうために気を付けることとは

投稿日:2017年3月8日 更新日:

テスト

一戸建てリフォームにかかる費用を計算して出すのが見積り書で、この見積り書は希望通りのリフォームにはどれくらいの費用がかかるのかを知るための重要な書類になります。
三重県・嬉野で希望通りのリフォームを行うには、この見積り書の内容を知っておく必要があります。

一戸建てを建てようと考えている方へ-左㈪

■正しい見積りをもらうこと

リフォーム後に思ったように施工されなかったとトラブルにならないためにも、最低限の知識を知っておくことが重要となります。
見積りを取る前に、その見積りが「概算見積り」か「詳細見積り」かを確認しましょう。
概算見積りは、インターネットなどでも簡単に出せる見積りで、リフォーム内容の条件を仮定して算出している見積りになるので、それぞれ住宅に合った見積りとは言いがたく、金額に大きな違いが出ることがあります。
詳細見積りとは、実際にリフォーム会社が住宅の状況を確認してから見積りを出すため、費用に大きな違いが出ることがありません。
見積りを取る際には、どちらの見積りかを確認してからにしましょう。

テスト2

■見積りの項目に注目

見積りを何社かのリフォーム業者に貰った場合、書き方が違うので比べられなかったということがあります。
細かく書いてある見積り書もあれば「一式」や「材工共」と書かれていたりすることもあります。
一式では、何を一緒にして一式になっているのかが分かりにくく、材工共の場合では材料・工事費セットで計算されていることになるため、個々の金額が一見分からなくなっています。
記載項目に何から何までが含まれているのかをきちんと確認しましょう。

はっきりとした金額が知りたい時には、「材料費」と「工事費」を分けた見積り書を再度もらうと良いでしょう。
ですが、実際に工事して初めて修繕が必要になることもあります。
その際は、追加費用がかかってしまうこともありますが、これがトラブルの元になることもあります。
追加の工事が必要になった場合には、再度見積りを出すかどうかなど、リフォーム業者に確認しておきましょう

■補助金制度を使って上手にリフォームをしよう

住宅リフォームの内容によって、住んでいる自治体などから補助金が発生することがあります
金額やリフォーム内容によって異なりますが、補助金が発生する場合にはリフォーム業者から補助金対象であるなどの説明がある場合もあります。
他にも、地域の活性化を目的とした補助金制度もあります。
三重県であれば嬉野などの地元の建設会社であれば補助金制度にも詳しいので、地元の業者に依頼するようにしましょう。

テスト3

-正しい見積り方法
-, , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

関連記事はありませんでした