手順が大事

段取りをしっかりとすることで失敗なしの安心住宅になる!

投稿日:2017年3月14日 更新日:

テスト

家を作る時には、初めてのことばかりで戸惑うことも多いでしょう。
何から始めれば良いのかも分からないと、段取りもうまくできません。
そんな時には「なぜリフォーム(新築)するのか」「改善点はどこか」「こんな家をつくりたい」と決めることで段取りの取り方も違ってきます。

4db0a941f3f0fa91544828db5f88e693_s

■段取り1つで効率が変わってくる

何の目的でリフォームをするのかを明確にすることで、段取りのスピードや満足度も変わってくるので、目的別に合わせた段取りをしましょう
家作りは一生のうちに何度も経験できることではありません。
三重県・紀北町で満足できる家を作るために、後悔のないようにしましょう。

テスト2

■段取りが上手くいかなかった失敗例

後悔のない、満足できる住宅にするためにしっかりとした段取りが必要となりますが、中には上手く段取りが出来なかったことで失敗したと感じることもあります。
いくつかの事例をご紹介します。
・家族が共働きなので休日が合わず、じっくりと打ち合わせに時間をかけることができなかった。
・余裕をもって家作りをしたかったがすべてに時間がかかりすぎた。
・新築を計画してから土地を探しをしたことで、完成までに時間がかかってしまった。
・施工の段階で変更した箇所が現場にうまく伝わっていなかったので、工事ができない日があった。
・週末はすべて家作りに関係に時間を取られてしまい、ゆっくりとする時間がもてなかった。
いかがでしょうか?
これらは段取りがうまくできなかったことによって、失敗したと感じてしまうことですが、段取りさえきちんと行っていればこのような不満を感じることはなくなります。
どのような段取りができると、スムーズに家作りができるのでしょうか?

■家作りの段取りをしっかりしよう

まず、家を作る時に何気なく作ろうと思う方はいません。
しっかりと目的を持って、何をどんな風にするのかを明確にしておくことが重要です。
具体的な指針をリフォーム業者に伝えておくと、いくつかの提案をしてくれるので、この提案を聞きながら家作りを行うと良いでしょう。
リフォーム業者や不動産業者は、数多くの住宅のリフォームに関わっているので知識も豊富です。
アドバイスを聞きながら確実な計画を立てていきましょう。
お互いのコミュニケーションが取れていて、建築計画がしっかりと決まっていれば段取りもスムーズになります。
曖昧な部分があれば、業者にすぐに確認しておくと良いでしょう。

テスト3

-手順が大事
-, , , , , , , , ,

執筆者: